iGamingとeスポーツにおいて「プログラミング」の重要性が高まる

ユニークで記憶に深く残るゲームを開発するため、様々な業界で多数の人材が開発に携わっています。プログラミングはあらゆるゲームの核となっているため、このプログラミング作業がなければ、現在大人気のゲームの半分は誕生していなかったでしょう。

ここ数年では、iGaming・eスポーツともに人気が高まっており、純利益はすでに数十億ドルに達しています。ところが、大人気ゲームすべてをプログラミングするにあたり、一体何が必要とされるのでしょうか?プログラミングとゲームに関して、知っておくべきこととは何でしょうか?以下にて詳しく見てみましょう!

最先端テクノロジーの導入

デジタルゲームやプラットフォームはすべて、テクノロジーの進歩に依存する部分が大きいです。現在では、自宅にてPCやゲーム機でプレイするのみならず、外出先でもスマホなどポータブル機器でゲームをしたいというニーズがあります。そのため、開発者やプログラマーは、ゲームをスマホに対応させ、ゲーム機やPC版とそん色ない状態まで仕上げる必要があるのです。

特定ユーザーに特化したプログラミング

iGaming業界およびeスポーツ業界はどちらも爆発的に成長しており、プレイヤーはさまざまなゲームやジャンルから選ぶことが可能です。映画・スポーツ・歴史・音楽など、万人受けするものもあります。iGamingに関していうと、昔懐かしいクラシックゲームだけでなく、非常に現代的・未来的なスロットゲームを開発している企業もあります。

日本国内ではオンラインビンゴが、特に女性の間で流行っているようです。そのため、開発者がターゲットとするのは女性で、女性ユーザーの興味を引くさまざまなビンゴゲームをリリースしています。

個人情報の安全性

iGamingとeスポーツは非常に利益率の高い分野で、プレイヤーは自らの個人情報、特にクレジットカードや口座番号などの情報を登録しても大丈夫なのかを気にしています。ユーザーは、ログインしてお気に入りのゲームをプレイしても、個人情報が漏れないか気になるのです。

そして一方の業者は、セキュリティ対策が万全なプログラミングの必要性が高まっていることを理解しています。ですから、銀行がオンライン取引で採用しているのと同じ、データの複雑な暗号化に投資しているようです。このテクノロジーを利用すると、あらゆる取引情報は暗号化され、ユーザーと業者のみが閲覧可となります。

プログラミングによってセキュリティを強化し、ユーザーが安全にプレイできるようにするもう1つの方法として、PayPalなどのオンライン決済サービスを利用することです。オンライン決済を利用すると、プレイヤーがカードや口座番号などの情報を登録する必要はなく、オンラインバンキング用アカウントに紐づけしたメールアドレスのみを登録するだけでOKです。しかも、PayPalのようなオンライン決済サービスは、支払いと引き出しの両方で使用可能です。

利便性の向上

iGamingとeスポーツの分野では、迅速かつ手軽に利用できるか否かが、かつてないほどカギを握る要素になっています。新規Webサイトはすべて、スマホから利用できるようプログラムし、アプリ経由でアクセス可能にする必要があります。こうすると、プレイヤーはいつでもどこでもゲームができます。モバイルテクノロジーを採用しないと、多くのプレイヤーやお金を逃してしまいます。

利便性となると、読み込みとストリーミングについても触れねばなりません。ゲームやWebサイトは、読み込みが迅速で、読み込み時間を最小限に抑えられるようプログラミングしなければなりません。というのも、読み込みが遅いと、ユーザーはイライラして別なサイトに移動する傾向があるからです。同様に、ゲーム画面が固まってしまうと、別のWebサイトに移ってしまいます。

結論を言うと、iGamingとeスポーツの場合、スムーズかつ手軽に利用でき、個人情報の安全性を確保するうえで決定打となるのは、ずばり「プログラミング」なのです。